金魚ってメダカの飼育(メダカといった相性の良いエビも育ててみました。)

私の昨今ハマって生じるズボラは金魚やメダカの飼育・増大です。
4時点前からメダカって金魚を飼い始めました。
はじめの部類は飼育時局を整えられず、残念ながらお星様になってしまう金魚やメダカもいました・・・。
メダカの増大にチャレンジするも卵は孵化せず、誤りに終わりました。

2時点瞳からは飼育時局も癒し、メダカの増大に最チャレンジしました。
産卵陽気に卵を発見する別、カップラーメンの箱に水を弾力水草を入れ、卵を移していきました。
しばらくするとほんとに恐ろしいメダカの乳児が・・・念願の稚魚でした。
ただし、毎日のように卵が出来上がり、採取しきれなくなってきたので、
採取吊り上げる陽気を決め、時期ごとに4,5つの箱に分けて飼育していきました。
更に採取した卵が多すぎて、稚魚がピタリ生まれてきてしまい・・・。
カップラーメンの箱では鎮まりきらず、水の時局を悪くしてしまったのか・・・根絶してしまうお子さんところもいました。
産卵陽気が諦める頃には、どのお子さんも概ね同じくらいのがたいまで成長したので、
今度はバケツに水を弾力水草を入れ、一部にまとめて飼育しました。
大人のメダカの口に入らないくらいのづらいまで育てば、
親メダカと同じ水槽で飼育して問題ないとの要綱をインターネットで行き渡り、
最長小さい子のがたいを定規で測って開発を見守り・・・せっかく父母の元へ。

年間心から多くの稚魚が生まれましたが、大人のメダカと同じくらいまで行先できたのは限られたお子さんところでした。
けれども20匹以上のお子さんが育ってくれたので、昨年を通じて低廉特訓です。
かつて成人メダカは4匹しかいなかったのですが、今では20匹以上の大所帯になりました。
ライフスタイルの神業を感じながら、生じるメリット、生き抜くメリットの大変さをメダカの増大として感じました。
日々の見張りが楽しくて、愛着もわいてしまう。

3時点瞳の昨年はメダカといった相性の良いエビを10匹購入し、メダカと同じ水槽で飼い始めました。
小道具の回数など、思い付かことだらけに対してという、エビがいやに低こともあり、
やにわに姿が見えなくなってしまい・・・根絶してしまったのかなとガッカリしていたら、
小さなエビが2匹水草にしがみついていたのを発見し、大変心地よくなりました。
そしたら飼育アプローチは最も変えていませんが、
気付いたら5匹、6匹という・・・増大の際は未だに確認できていませんが、
きちんと自然の循環が出来ている系でした。
人の方法を借りなくても、野生がそういった水槽の中に出来上がっているんだと思い、感動しました。

益々、金魚の増大にもチャレンジしてみようって、水草を購入し、金魚の水槽に入れました。
しかし、実にオス・メスの裁定が誤っていたようで・・・
追いかけるルックスは折々あるものの、卵は発見できませんでした。

4時点瞳に突入する今期。
今度こそ、金魚の増大を繁盛させたいと思い、新しくまた金魚の買取を検討している。
金魚との頼もしい巡り合いにムズムズしながらペット組織を見て回っている。息ピュアの飲み方で120%効果が変わるって知っていた?