猫の砂堀といった布団からでたくないを天秤にかけた結果はかりに

わが家には3歳になる雄猫がいらっしゃる。
維持猫で、わが家に来たのは生後半年くらいのあたり
でした。

その時はまさしくトイレではいちできていたのですが、
最近はとっても自由にはいちしてます。
猫砂トイレの外でバッチリ出します。嫌になるほど幅広いものを…(笑)

6人様親子につき、船頭が多く、猫はトイレにスマートと言いますが、せりふが出てトイレの場所が変わったり、思いがけず最中にご対面!となったりで、主人には大妨害だったかもしれません。
その腹いせではないのだと思いますが、もっと一段まわり、トイレはトイレの実践を稼働できていません。

お正月早々、早起きの我が家の猫が、ボディすいた~、飯ちょうだい~、かまってちょうだい~、という夫の寝室今しがたで鳴いていました。
さて、どうしたものかという寝床で考え、私の寝室を通じてきた界隈までは良かったのですが、そういった猫、完全に我々にビビッているので、湯たんぽならぬ猫たんぽにもならず、ホールのコーナーでじーーーっと動かず。

相当様子を伺っているといると、ホールに落ちていた
ビニール手提げをドライ…布団をシュッシュッとかく音響が…
不快眼力と共に、ずばりあの景色が。

落ち着いて考えれば、主人の利点、主人の砂ほりの音響箇所、次に何が来るか考えついたのですが、布団から出るのが遅れたばっかりに、朝から立役者のお洗濯です。

曇り空にタオルケット干しながら、自分から出た錆で苦笑い
するしかない我々でした。
どうにかかしこく発達をする方法がないかなあという、考える四六時中です。アシドフィルス菌ヨーグルト