明日は冬至、1世代でとりわけお日様が少ないお日様だ。

あしたは冬至です。1時期でいよいよお天道様が短くなって要る。サンシャインが長くなっていて部屋の奥までお天道様が差し込んできます。ただお天道様が暮れるのは12月額の上旬からまばら遅くなってきています。日の出は冬至よりも鈍いお天道様が1月額上旬場所まで続きます。そのため昼前、極楽寒い時間に起きなければならないのです。昼前の出社帯は、まだまだお天道様が出ていまひとつ時間が経っていないので、通勤するのが陰気臭くなります。
テレビの本文で冬至が近いとのことで、動物園での冬至のマンネリ(ユズ湯、カボチャを採り入れる)をカピバラが行っている局面を放送していました。またテレビのTVでクリスマスの機会は冬至場所北欧で行われた機会が引き継いだものだとのことを言っていました。
冬至にカボチャを食べると風邪をひかないとか、冬至にユズ湯に入るという病魔になり辛いとか言われています。昔からの定例ですので、何か謂れがあるのだろと思います。願わくは寒さも本格的に通じるので、昔からのマンネリにおいて寒さを乗り切りたいと思います。またクリスマスも近づいて掛かる。クリスマスはキリスト教徒が行う機会ですが、現在は世界中で行われていますし、キリスト信徒でなくとも吊り上げるようです。クリスマスはキリスト教がヨーロッパに伝わった際にヨーロッパの古くからのマンネリが合わさったもののようです。そのことを考えてみて、クリスマスを過ごしてみるのも良いのではないでしょうか。夜間が長くなっていますので、クリスマスイヴの定例で暮すのも良いかもしれません。人前で話ができないのはメチルメルカプタンというガスが関係しているかもしれません。