反エイジズムに関して。層についての着実を入れかえる

「エイジズム」といううたい文句があります。語尾がイズムで終わっているから、「~キーワード」みたいな考えでしょう。日本語にすると「階級キーワード」になるんでしょうか。
エイジズムは、「体力の減速などの階級は仕方ないものであり、階級を捨てることはできない。また老化は御法度はなく、ひとまず老化したものをアップ(若返り)することはできない」という思案だそうです。すこぶる普通の傾向のように聞こえます。でも、前向きに高齢社会について考えて介護防衛などを進めている自分にとっては、エイジズムは時代遅れの間違った傾向なんだそうです。
反エイジズムの者曰く階級は普遍的なものではありません。誇大に言うと老化しない者も掛かる、についてでしょうか。さすがに徹頭徹尾老化しないのは鳥獣として不可能ですが、階級は人によって個人差が甚だしく物すごく、老化の裏目をもろに受けている者といった、賢く逃れておる者がいる、についてのようです。確かに90才とは思えない健康的な者っていますね。それから、階級は不可逆思い出ではない、と考えるそうです。元に戻せる、若返ることができる、ということですね。確かに筋トレなどの運動をすると、沢山であっても(それこそ100才ほどても)体力は上昇するらしいです。
階級や高齢ゆえの疾病には避けられないこともあります。でも、エイジズムを取り払って嬉しい高齢化社会を目指そうという主張には勇気づけられるものがありますね。大人ニキビ、肌荒れで悩む女子に一報!女性ホルモンの乱れが関係しているかも。