勇壮な武田軍がレジスタンスにわたって行く外観が眼差しに浮かんできそうです 

現下、足腰が痛苦暮らしがなんとなく危なっかしいなあというようになりました。とは言ってもこのまま何にもしないともう悪くなりそうです。
快晴ので思い立ったが吉日といったばかり健康祈願に武田神社へ参拝に行きました。いつ来ても武田神社は参拝をするヤツばっかりです。
周りの露店にも平日ものの大勢の参拝馴染みであふれてある。
信玄一般を祀って要る武田神社は信玄公の館跡に建てたられました。神社気持ちはお屋敷の跡があちこちに残っています。
水琴窟では耳を当てるという澄んだ琴の曲調ものの曲調が竹の筒から聞こえます。この綺麗な曲調を信玄一般も聞いていたかと思うと感無量です。
鳥居をくぐってすぐの所には「三葉の松」があります。松の葉が3枚あり秋にはこがね色彩になって落葉作る珍しい松の木です。
今日は松の葉が落葉したてのきれいな松の葉がいっぱいありました。
葉が黄金色彩になる人気から給与偶然と延命長寿のご利益があるという事で参拝に来る人たちはお守りとして拾って行きます。
私も拾って大事に携える人気にしました。「ご利益があるっていいなあ」と思いながら。
武田神社の東における著名門や三日月堀、馬小屋等掘り出し後を見ていると、戦国時代の勇壮な武田軍が反論にわたって出向く偽りが視線に浮かんできそうです。
帰りに、信玄公のお墓参りと正室の三条奥さんの菩提寺のお墓参りをしました。
武田信玄公の反論の後を噛みしめながら分かれ道につきながら、本年中に武田五山人目が出来ればいいなと思いました。
今日は自らゆっくりと過ごせ普通の疲労も飛んで愉快を感じた日毎でした。クレンジング酵素0の効果はステマばかり?本当の効果を知りたいなら