交際では貰ったら返上するのが法則

あまり親族交際もない建屋ですが、父親の我が家に新年に行くといったその界隈に住む父親の姉ファミリーも娯楽に来るのが定型です。
なので、あちらの子どもたちへ建屋からお年玉を譲り渡し、我が家の子どもたちへといった先方からもお年玉を貰っています。
数も同じく両者、生まれもあんまり貫く数字中身の年収は日々概ね同額です。
ですから、依然として幼い子どもたち自体には渡さないそれをわざわざ加え合うのがむちゃくちゃらしいとすら見損なう私です。
但し、今年の新年には姑の調子が悪いから遠慮してくれと言われて建屋は父親の我が家へ行きませんでした。
私も些か病状が小さいから丁度良かったと思いました。
ならお義姉様ファミリーにも会わないからお年玉の情報もしなくて良いや、といった呑気に構えていました。
すると、会えないからと父親の我が家からスイーツやカレンダーなど填め込み合わせてオーダー便が届いたのです。
その中には、父親の両親だけでなくお義姉様ファミリーから子どもたちへのお年玉も入っていました。
真っ直ぐ、父親の両親からのお年玉はともかく義姉様ファミリーからのお年玉を貰うとあちらの子どもたちへあげない要因にもいかなくて、困りました。
モデルで3時間はいる父親の我が家へ行く策もちょっぴりないし、敢えて授けるしかないか、という大息が出てしまいました。
とはいえ、交際の上で何かもらっておいてそっくりはあり得ません。
そして、お年玉だけキャッシュ書留でおくるというのもうら淋しいから何かこちらの地域のスイーツの詰め合わせも買って一緒に挙げることになるでしょう。
さて何を買ってこようか、億劫もきちんと貰ったら返すのが先方はですから、病状は低けど頑張って来ようと思います。ストレピアってヒルナンデスで紹介されたの!?